食育について


朝食は1日のエネルギーのもとです。必ず食べて登園しましょう!

食育目標

楽しく食べる体験を深め、「食を営む力」の基礎を培う~楽しく食べる子ども~

目指す子ども像

・おなかがすくリズムのもてる子ども

・食べたいもの、好きなものが増える子ども

・一緒に食べたい人がいる子ども

・食べ物を話題にする子ども

給食について


当園では園内の給食室で調理した温かい給食(完全給食)を召し上がっていただいております。

    こんなことを大切にしています

・素材の味を生かす薄味を心がける。

・旬のおいしさを伝えるため、季節の食材を取り入れる。

・年齢に合った材料の切り方や盛り付けをする。

・温かい料理を手作りで提供する。

                             ・伝統料理や和風の料理をできるだけ多く取り入れる。


<給食の内容と時間>

午前のおやつ 果物・乳製品・クラッカーなど   9:30~
 昼食

主食(ごはん・パン・麺)副食(2~3品と果物) 

11:15~
午後のおやつ

手作りおやつ・牛乳など

15:15~

<献立について>

玄関前に、お子さんがその日食べた昼食とおやつを展示しますのでご覧ください。

・毎月配布する予定献立表に基づいています。

・おやつは、三度の食事でとりきれない栄養量を補うという意味があり、食事の一部として考えています。午後は手作りのおやつを多く取り入れます。

・体調の悪いとき(下痢や嘔吐など)は、医師の指示に基づいて食事配慮を行います。登園時に受け入れる保育士にお子さんの様子や医師の指示を口頭でお伝えください。また、食事依頼表への記入もお願いします。

・食物アレルギーなどで除去食が必要な場合には、かかりつけの医師と相談のうえ、診断書の提出をお願いします。食事は心身の発達に欠かすことのできない大切なものですので、ご家庭と話し合いながら進めていきたいと思います。

・離乳食は、状況調査票に食べているものを記入していただき、ご家庭と連絡を取り合いながら進めていきたいと思います。