保育理念


子ども一人一人の最善の利益を第一に考え、その福祉を積極的に増進するように努めます。

保育の基本方針


●家庭と緊密な連携のもとに、子どもの状態や発達過程を踏まえ、養護と教育が一体となって豊かな人間性を持った子どもを育成します。

●子どもが健康で安全で、情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自分をのびのび発揮しながら活動できるようにし、健全な心身の発達を図ります。

●さまざまな社会資源と連携を図りながら、入園する子どもと保護者に対して支援んを行っていきます

保育目標


子ども達がより健やかに成長することを願い、次の目標のもと計画を立てて保育していきます。

こころとからだの❝しなやかさ❞を育み「生きる力の基礎」を身につけます。

●元気に遊ぶ子ども

 ・五感を使って外遊びを十分にするなど、遊びの中でからだを動かす楽しさがわかる。

・友達とよく遊び、関わりの中で、認められたり、受け入れられたりする経験を通して、一緒に遊ぶ楽しさがわかる。

・生活の中で、安全や危険の意味が分かり、気を付けて行動することができる。

●人の気持ちがわかる子ども

・大人に見守られ、愛され、信頼されているという実感を通して、大人に対する愛情や信頼感を持つ。

・友達との関わりの中で、相手の痛み・悲しみ・寂しさ・怒り・嬉しさ・喜びなどに気づき、思いやりやいたわりの気持ちが育つ。

・人と気持ちよく関わるための、基本的な習慣や態度が身につく。

●豊かに感じる子ども

・自然に触れたり、動植物を見たり触ったりして、命の大切さ・不思議さ・美しさ・面白さを感じる。

・絵本や物語の面白さ・不思議さに気づき、想像したり共有したりできる。

・音楽や歌やリズム・絵画などで、のびのび自分を表現する。

具体的な取り組み


●家庭的な温かさを大切にし、大人に愛されている実感と安心感のもと、園の異年齢の友だちや地域の方との交流など色々な経験をする中で、人と関わる楽しさを育みます。

●わらべうたや絵本の読み聞かせを日常的に取り入れ、友だちと一緒に楽しみます。

●リズムや粗大運動を継続的に行い、しなやかな心身を育んでいきます。

●子ども本来の生活リズムを大切に、気持ちよく過ごせるようにします。薄着で、散歩や戸外遊びを積極的に行います。

●保育士の専門性の基、年齢ごとに指導計画を作成し、色々な活動を取り入れながら子どもの成長を援助します。保護者の皆様には、「今月の保育」としてお知らせします。