園長からのごあいさつ


ぞうさんは、大きな耳と小さな優しい目と口。大きな耳で子どもの願いを傾聴し、欠点や弱点は小さく見て、優しい目でどんな時でも温かく見守り、口出しは最小限に。

   私たちが大切にしていくことは何でしょう。

それは、子どもの尊厳です。どんなに小さい子どもでも、一人の人間として尊ぶこと。

具体的には、子どもの気持ちを尊重します。気持ちこそ人格だからです。子どもは「ありのまま」を受け入れられて、本当の力を発揮します。子どもの力を信じ、子どもと同じ目線で、子どもと一緒に考えていきます。

   大清水ぞうさん保育園は、“一人ひとりに”愛情をたっぷり注ぎ、アットホームな温かさの中きめ細かな保育を通して、子どもたちの育ちを支えていきます。

                                                                                                                                                                                                                      園長 川村 つや子